巻き物、こわい。

インドに来てから、
ついつい増えてしまって困るものがあります。

それは、巻き物。
首に巻く、ストール類です。

以下、この10ヶ月で買ってしまったもの…。




以前ご紹介したCALICOさんの
タッサーシルクの刺繍ストール 。
b0279847_16225846.jpeg




Dastkarで年末にやっていたクラフトバザーで見かけた、
手編みのマフラー。
b0279847_16065122.jpeg

ラダックというインド北部の地方で作られたものだそうで、
毛糸がなんとパシュミナなのです。

ほんわり、猫ちゃんに触れているような柔らかさ。
パシュミナの手編みマフラーなんて初めて見たので、
うれしくて、つい。



Dastkarでは定期的に、
インドのクラフトが集まるいろんなフェアやバザーを開催していて、
場所も日本人学校の近くで行きやすく、
新しいイベントがあるたびにのぞく、大好きなところです。

今は今月21日までDesign Fairというのを開催中です。

b0279847_16171042.jpeg



b0279847_16192210.jpeg





こちらはいわゆる、パシュミナストール。
日本でも販売されているらしい、Ahujasonsのお店を年明けにのぞいてみると、
ちょうどセールが始まっていて、これまた、ついつい…。

b0279847_16102685.jpeg

刺繍がなんともうっとりの美しさなのです。


日本への出張を控えていた夫も、
自分用にシンプルなものを買っていました。

b0279847_16114857.jpeg

日本で販売されているよりはずいぶん手が届きやすいお値段で、
パシュミナ以外のウールやシルクなどは、
1000ルピー以下のものもありました。





先日アパート近くで開かれた、
peroというインドのファッションブランドのセールで。

b0279847_16111581.jpeg


味わいのある生地に施された、

ボタンやタグ、ステッチなど、
細かい仕事がかわいくてかわいくて、どうにも我慢できず。

b0279847_16124612.jpeg
peroのものも、
お洋服など、日本でもセレクトショップで販売されているようです。






巻き物は、いろいろに合わせられて、
何本あっても困らないから〜、などと言い訳しつつ。

どうぞ、もう誰も私を、
素敵な巻き物がある場所に連れて行ったり、
こんなお店もあるよと、教えてくれたりしないでください(うそです)。



インドを去る時までに、
これからいったいどれだけの巻き物に出会えるでしょうか。

すてきな巻き物、あぁ、こわい〜。



b0279847_16174951.jpeg





# by notes-cohalu | 2019-01-17 16:28 | インドのお気に入り
インドで毎日の愛用品


インドで手に入るもので、
毎日使う洗剤や石けん類に加え、
肌につけるクリームや化粧品類も、
いろいろやっと決まったものを選べるようになりました。


以下、
こだわりが強く超個人的な趣味の、私のお気に入り。

※肌や体に合う合わないがあると思いますので、
あくまで個人的好みということでご了承くださいませ。
また、Amazon India等の配達は、
販売店によっては包装等にやや問題があることもあります。
悪しからず…。


b0279847_18270539.jpeg

食器用洗剤と手洗い用洗剤。
Ecoverとドクターブロナー。
ドクターブロナーは、泡で出るポンプに水で2〜3倍に薄めて使います。
保存性を考慮して1~2日で使いきれる量で。

日本でも使っていたものがAmazon Indiaで買えることが分かり、
以前ブログで書いたもの(→)から変えました。

使い慣れたものが手に入るという、何という安心感と喜び。




b0279847_18274995.jpeg

シャンプーはいろいろ試したけれど、

今はKAMAのこのパッケージの「Rose&Jasmine」のものに落ち着きました。
お値段もなかなか高級ですし、
ディスペンサーの出が悪くてちょっと使い勝手はよくないのですが、
成分と香りと洗い上がりが気に入っているので続けて使っています。

左側のSoul treeのものもなかなか好きです。
(AmazonやグルガオンSupermart-1のGoodness storeで買えます)




b0279847_18285670.jpeg

体を洗う石けんは今のところ、

Fabindiaのラベンダーのが香りも使い心地も気に入っています。

洗顔はSundaramというところのジェル状のもの。
(ダイヤパークホテルのお土産屋さん、フランジパニにあります)

つっぱらない洗いあがりに大満足なものなのですが、
1つ欠点は、よく流しても時々ものすごく目にしみること…。
でも肌の感じが良いのでここのところずっと使っています。


ちなみに、
インドに来る前に、ファンデーションなどのメイクは全て、
石けんで落とせるものに変えてきたのですが、
どこに行ってもクレンジングのことを心配しないでよくなって、
これはとても良かったなぁと思っていることの1つです。



b0279847_18343341.jpeg

お風呂上がりの体には、ニベア。

世界中どこででも手に入り、安価でたっぷり使えて安定の使い心地。
すばらしい。
Seba medのベビークリームも匂いが強すぎず好きです。





b0279847_18295177.jpeg

基礎化粧品は、無印の化粧水(デリーの無印でも買える)と、

あとは全部Aromanyさんのものを気に入って使っています。

ハイドロソルという化粧水は拭き取り用に、
保湿にシアバターと美容液としてザクロシードオイル。

エッセンシャルオイルの香りがとても気持ちよいものがそろっています。

基礎化粧品を日本で買ってくる必要がないのは、
本当にありがたい。




b0279847_18311685.jpeg

寝る前のお気に入りは、

WeledaのハンドクリームSkin Foodと、
痒いところやニキビなどにはAromanyさんのレスキュークリーム。

WeledaのものもいろいろAmazon Indiaで買えて、
いざ使いたいものに困った時は安心なのです。




と、まあ、
やたらこだわりのある自分に時々嫌気がさしつつ。

でもやはり、
家族にも安心で、使っていて気持ちがいいものは、
日々の心の安らぎと喜びを与えてくれるもの、と思っていて、
慣れない場所での生活ではなおさら、
ここは、財布の紐もゆるめ気味でよし、としています。




もうすぐインドでの生活も10か月。
生活のいろいろが落ち着いて、
さあやっとこれから、いざ本番!でしょうか。
そうでありたいです。


b0279847_18384733.jpeg








# by notes-cohalu | 2019-01-11 21:27 | 日々のこと
新しい年、なんとなくの目標

b0279847_18424016.jpeg

明けましておめでとうございます。

本年もブログ、本人ともども、
どうぞよろしくお願いいたします。



お正月休みがほとんど無いインドでは、
夫も3日から仕事が始まり、すっかり通常モードです。

それでもやはり、新年のスタートは新たな気持ちで、
1年の目標など、なんとなく心の中で立ててみたりして。


行きたいところ、見たいもの、やってみたいことは、
まだまだいっぱい。

だらだらipadばかり見ていないで…、
体と手を動かし、
いろんな扉を開けてみる一年にできるといいなと思います。


b0279847_18483854.jpeg


※酵母パンの天才(日本の友人)に、
アドバイスをもらいながら無事に起こせたブドウ酵母で、
おいしいパンを焼けるようになるのも今年の目標のひとつ!
(別に家族の誰も望んではおらず、ただ自分の嗜好のためだけなのですが…)

b0279847_18461533.jpeg





期待はし過ぎず、でも悲観もせずに。

(ゼロからの生活の繰り返しと、日本じゃない国に住んでみて、
一番しっくり身についた考え方、でしょうか)


気張らず、またフレッシュな気持ちで始めたい。




b0279847_18311584.jpeg




それぞれの場所で、新しい年がどうか、
平和な良い一年でありますように。





b0279847_18320700.jpeg










# by notes-cohalu | 2019-01-05 19:01 | 日々のこと
今年もありがとうございました


おそらく初めて、全部自分で用意して作ったお節。
なんとかできあがりました。
(魚介肉系が少なくてさみしい…)

b0279847_20430660.jpeg


鏡餅は、日本から持ってきていたもち米を蒸して、
麺棒とボールでペッタンペッタンして作りました。
なんとも不恰好な出来…。
小さいみかんは娘の工作で。

大変だったので来年はガラスの置物の鏡餅を買ってこようと思います…。

b0279847_20514411.jpeg


しめ飾りも娘の工作です。
b0279847_21023369.jpeg



でもやっぱり、自分にとって、
お正月は一年で1番大事な行事なんだなと思い知った次第。

インドの人達や世界の人たちにとっての年中行事やお祭りも、
きっとこんな気持ちで、
ふるさとや子どもの時からの記憶と相まって、
大事に、楽しみに、受け継がれているものなのかなと思います。



さて、これから紅白歌合戦を見ながら、
大事にあたためておいたお土産の日本酒と一緒にお節を食べて、
ゆっくり大晦日の夜を過ごしたいと思います。



b0279847_20585352.jpeg

インドに引っ越してきて、

新しい生活が始まったこの1年は、
困ったことも、戸惑ったことも、びっくりすることもたくさんあったけど、
予想していたよりは心穏やかに、
何より家族みな元気に過ごせたことに、
ほっと胸をなで下ろす年の暮れです。

いつ、どこに行ってもそうですが、
すごいなぁ、多才だなぁ、優しいなぁ、と思う素敵な方々との新たな出会いもあり、
今後そのご縁をさらに深めることができるといいなと、
来年の楽しみにも思っています。

と同時に、
久しぶりに味わった引越しという大きな環境の変化は、
従来からの友人知人、日本の家族のありがたさを、
身にしみて感じることでもありました。
これまでのご縁や優しい気持ちにも、改めて感謝です。




細々と、自己満足のブログですが…、
こうして、見てくださる方がいてくれたおかげで、
書くうちにいろんなことを消化して、心の整理ができる、
私にとってはそういう場所です。

今年も一年、本当にありがとうございました!
来年もお付き合いいただけるとうれしいです。

b0279847_20560724.jpeg

(道端のイノシシ!?ブタかな)



新しい年が穏やかで平和な、良い一年でありますように。

皆さまどうぞ良いお年を〜!


b0279847_20575766.jpeg













# by notes-cohalu | 2018-12-31 21:06 | 日々のこと
冬休みの楽しみな宿題

b0279847_19494471.jpeg

外の空気は一面真っ白なホワイトクリスマス……ですが、
インドにも無事サンタさんが来てくれて、
(さすがに娘も9割方気づいてきたようです)、
のんびりクリスマスを過ごしています。



昨日は半日かけて娘とケーキを作りました。
スポンジは思ったよりだいぶ薄く焼き上がり、
生クリームは途中から分離してしまい、
どうしよう〜、と急きょバタークリームに変更して、
なんとか事なきを得ました。

b0279847_19503983.jpeg

なんとも私たちらしい仕上がり…。
(チャリティーバザーで買うことができた立派なアイシングクッキーがあって良かった)



日本にいる時からクリスマスケーキは手作りのことが多く、
娘にとってはどうやら、
ケーキを食べる、というよりも、
こうして一緒に作る、というのが楽しいのかなと思い、
下手くそながらも、毎年続けています。
(インドでももちろん素敵でおいしいクリスマスケーキはいろいろと買うことができます)




初めてのインドでの年越し。
今年は久しぶりにお節でも作ってみようかと思います。

b0279847_19541931.jpeg

冬休み中は特に遠出をする予定もありませんが、
毎日少しずつお正月の準備をするのも、
ちょっと楽しみなような気もします。

もう6年も日本を離れて暮らす娘にとっては、
お節を一緒に作るのも、
よい機会なのかなとも思いつつ。



料理が得意ではない母の、冬休みの宿題です。


b0279847_20022805.jpeg














# by notes-cohalu | 2018-12-25 20:04 | 日々のこと
お守りスパイス料理

インドに来てから、割りと体調良く過ごせていて、
あまり風邪なども引かないので(お腹の調子も以前より良い)、
これはもしかしてスパイスのおかげだろうか、と思うと、
インド料理を食べないと不安になる日々(‼︎)。

家の夕食にも、週3、4回はスパイスを使った料理を作っています。
(自分の作るものをインド料理と呼んでいいのかどうかはわからない…)


料理教室で教えてもらった、
作りやすい簡単なものを中心に、順繰り順繰りのメニュー。

b0279847_15221765.jpeg

オクラのカレー(サブジ=おかずみたいなもの)は、
簡単でおいしくて何度も作っています。
(日本ではなかなか贅沢なオクラの量だけど、インドではいつでも安く手に入る食材)


カレーと合わせるおかずは、

鶏肉のソテーとブロッコリーの胡麻和えとか、
b0279847_15230428.jpeg


唐揚げと漬け物とか、
b0279847_15233762.jpeg

パスタと合わせたりとか、
b0279847_15244412.jpeg

青菜のお浸しと煮物と一緒の日も!
b0279847_15253833.jpeg

我ながらなんじゃそれ、という組み合わせの日もありますが、
意外と和食やイタリアンともケンカせず食べられます。


食材もその日あるもので、
パプリカとシーチキンのカレーとか、
白菜と鯖缶のカレーとか、
b0279847_15261757.jpeg
いろいろ入れてもどうやら大丈夫みたいなので、
時々レシピに無いものも試してみています。


日本のゴールデンカレーにも、
ターメリックやコリアンダーパウダー、ガラムマサラなどを足してパワーアップ!
b0279847_15271051.jpeg




チャパティの焼き方を教えてもらって、プクーっと焼けるようになったのは、
インドでできるようになった、うれしい事のひとつです。

b0279847_15282716.jpeg

b0279847_15290367.jpeg






こちらは、
普段路上の屋台では挑戦する勇気が無いけど、
先日イベントに出店していたお店で試してみた、ベルプリというスナック。

b0279847_15342905.jpeg

ポン菓子みたいなのと玉ねぎとパクチーを、
ほの酸っぱ辛いソースで和えたもの。
b0279847_15355335.jpeg


初めての味でおいしかった!
(あっ、でもこれにナンプラーが入ればタイ料理っていう味です)
b0279847_15363360.jpeg

ビールのつまみに、
これも今度家でも作ってみたい。





数日前からついに部屋のエアコンで暖房を入れるようになりました。

インドでも「寒いね」が挨拶がわりのような毎日。
日々元気で過ごせるよう、
今日もお守りがわりに(⁉︎)スパイス料理を食べる日々です。
(まぁ何よりおいしいから食べるのですが^_^)


b0279847_15372462.jpeg



















# by notes-cohalu | 2018-12-19 15:50 | 日々のこと
社長室 2018/12/15


バンガロールの知り合いの家に飼われている(?)、
元野良犬のジミー。

b0279847_01061743.jpeg


いい毛並み。

b0279847_01065714.jpeg















# by notes-cohalu | 2018-12-16 01:08 | 社長室(つれあいのきままなページ)
初めてのサリーは


英会話のレッスンで、
先日サリーのお店に連れて行ってもらってとても楽しかった、
という話をしていたら、
先生のご実家に使っていないサリーがあるので、
もし興味があれば、ということで、
譲っていただく機会がありました。

b0279847_15434500.jpeg

南インド、ケララ地方のサリー。
(サリーは本来は1枚のつながった布のようですが、
こちらは着るのが簡単な、上下2枚に分かれたものだそうです)

サリーというと、キラキラふわふわしたゴージャスなものが多いイメージですが、
ケララのサリーは、
生成りの生地にゴールドやカラーのラインが入った、
とてもシンプルなもの。
素材もコットンです。


結婚式やお祭り、誕生日や朝のお寺へのお参り、
また、もっとラインのシンプルなものは、
ご年配の方はふだんの生活で毎日着る方もいらっしゃるそうです。


簡素で潔い、さらりとした綿のサリー。
とても素敵です。

いつか着る機会があるといいなと思います。



先生のおばあちゃんのものだったというサリーは、
なぜか、日本の実家のばあちゃんのタンスと同じようなにおいがして、
ふと切なく、郷愁を感じました。

大事に使わせてもらいたいと思います。



b0279847_15460303.jpeg

はるばる日本から届いた、

ギーで作られた(!)絶品シュトレン。
少〜しずつ噛みしめて味わいながら、
インドでも朝晩冷え込む日々に、
いよいよクリスマスや年末も押し迫ってきたなぁと思います。

b0279847_15470893.jpeg

外を見るとあまりの白さに大いに不安になりますが…、
防げる限り防いだら、あとは、
おいしいものを食べて、笑って、
皆で元気に師走の日々を過ごしたいものです。



b0279847_15484773.jpeg












# by notes-cohalu | 2018-12-11 15:53 | 日々のこと
12月の「大片づけ」

b0279847_18211201.jpeg


もう12月、早いもので、
今年も残すところあとひと月となってしまいました。

年の瀬感はほぼ感じられないインドでの生活ですが、
12月と言えばの、我が家では「大片付け」。
近年、大掃除はほぼしませんが(いつか引っ越すと思うと、まぁいいかとなって)、
不要になった物を整理する、
「大片づけ」は、気に入って毎年することにしています。



たった8カ月しか住んでいない部屋でも、
いろいろ物はたまるもんですねぇ。

私の場合は、

娘のプリント類、紙物、
試してみて使わなくなった調味料や食品類、
出かけた先で衝動買いした雑貨、
そして、布、
などなど。

それらを、引っ越しするつもりで片付けます。

b0279847_18312519.jpeg

引っ越し先にまで持っていきたいものかどうか、
引っ越して開けた段ボールから出てきた時、
ときめく(こんまりさん風に)ものかどうか、と想像しながら、
結構思いきりよく整理します。

気軽に出せるリサイクルショップがないので、
まだ使えそうなものは、お掃除の方にあげたり、
ゴミとは別にきれいな袋に入れて置いておいたりしています。
買い物はよく考えてしましょうね、と毎度ながら自省しつつ…。


b0279847_19523985.jpeg
(でも、10年近く前にいただいた絵葉書など、どうしても大好きで捨てられず、
引っ越しても引っ越しても、つい飾りたくなるような、
そんなものもあります。
物の価値って、必ずしもその大小や価格によらないものだよなぁと思います)





いつでも、どこにでも飛んで行って、さらりと生きていける、
そんな身軽な暮らしができれば。
(インドにはまだまだしば〜らく居そうですが)


終わり良ければ、全て良し。
気持ちよく、締めくくりの月を過ごし、
新しい年を迎えたいものです。



b0279847_18203364.jpeg

※日本から大事に持ってきた、白木屋傳兵衛のはたきは、
インドでもお気に入り。




b0279847_18494898.jpeg










# by notes-cohalu | 2018-12-04 18:58 | 日々のこと
社長室 2018/12/2


最近の昼メシ、チベット料理。
トゥクパ、108ルピー(170円くらい)。

b0279847_19405600.jpeg

インドでは貴重な汁あり麺。

辛うまい。














# by notes-cohalu | 2018-12-02 19:44 | 社長室(つれあいのきままなページ)