タイのおみやげ その3〜5
超個人的タイのおみやげ

その3
Gingerの長いスプーン
b0279847_17431875.jpeg
カラフルなメラミン食器や雑貨で人気の、
チェンマイ発ブランド、Ginger

メラミン食器はあまり使いませんが、
このスプーンは色合いも長さも質感も好きで、
マドラー代わりにしたり、
ジャムやはちみつをすくったりに重宝しています。
b0279847_17444800.jpeg
エンポリの食器売り場で購入。


その4
Ginger パウダー
b0279847_17453127.jpeg
同じくGingerですが、
オーガニックの生姜を粉末にしたものの瓶詰め。
若干出にくいですが、一応ふりかけられるようになっていて、
紅茶に入れたり料理に使ったり、とても便利。

エンポリのスーパーにて。


その5
ミョウバンのわきの下クルクル
b0279847_17461055.jpeg
水で濡らしてわきの下をクルクルすると、
1日臭いを抑えることができます。
私と夫、夫の母はとても気に入って使っています。
(アルミニウムの体への影響を気にする方もいらっしゃるかなと思います)
b0279847_17465395.jpeg
同じような物がタイではたくさん売られていますが、
パッケージがシンプルで、
無香なのが気に入っていつもこれしか買いません。

エンポリかエムクオーティエのスーパーで購入。



どれも何十バーツ代でお手頃なのもうれしいです。
以上、私がタイを去る前に購入した、
個人的趣味のおみやげでした。



今のうちに食べておかなければと思い、最近食べたのは、
Iwaneというカフェの「トムヤムパスタ」。
スパゲティにトムヤムクン味なんて、思いつきもしませんでしたが、
これはほんとにおいしくて大好きです。
b0279847_17483404.jpeg

そろそろいよいよ、
バンコクでの生活も、しまい支度です。
b0279847_17510548.jpeg








[PR]
# by notes-cohalu | 2018-02-22 17:51 | タイのお気に入り
タイのおみやげ その2
超個人的タイのおみやげ。

その2
足付きの磁器のお皿
b0279847_17453886.jpeg

持っているのはRoyal Porcelainのもの。
(以前チットロムのショールームで買いましたが、
今も売っているかどうかはわかりません)

気取り過ぎずに、
お菓子なども、これにのせるとちょっと豪華に見えます。
Royal Porcelainに限らず、
タイでは時々こういう器を見かけて、
意外に使い勝手がよいなと思いました。
b0279847_17462469.jpeg

我が家では普段はもっぱらバナナの定位置になっています。

[PR]
# by notes-cohalu | 2018-02-18 17:47 | タイのお気に入り
タイのおみやげ その1
バンコクを離れる前に、買っておきたい物は何だろうと考えて、
買い足した、超個人的タイのおみやげ。

その1
マスキングテープ各種
b0279847_15261681.jpeg

シンプルで、色、質感ともにとても良い感じで、
いろいろな幅があるのもうれしい。
b0279847_15264984.jpeg
ラッピングに使ったり、
壁にカードなどを貼ったり、
字も書けるので収納の分類などにも使います。

おみやげとしては、だいぶ地味ですが、
個人的にはもらうとうれしい。

エンポリやB2Sなどの文房具屋さんで購入しました。


[PR]
# by notes-cohalu | 2018-02-13 15:30 | タイのお気に入り
バッグが欲しくて
使っているバッグがいい加減ボロボロになってきたので、
(3年以上前にZARAで買ったのを気に入って使っていた)
新しいバッグが欲しくてあちこちで探しています。
いろんな形を見ていると、布でも作ってみたくなり、
できたもの、2種。

今は巾着型が流行っているのか、
そういうのに触発されました。
やや柔らかめの帆布のような黒い生地にリネンやコットンの裏布を合わせて、

持ち手付きのバケツ型と、
b0279847_17585918.jpeg
丸底巾着型。
b0279847_19005975.jpeg
丸底の方は肩にかけるとコロコロして使いづらいので、
底の形を変えた方が良さそうです。
b0279847_18003356.jpeg

自分の欲しいバッグの条件は、

いつも持ち歩くものが全部入ること。
(除菌ウェットティッシュ、流せるティッシュ、雨天兼用傘、帽子、羽織るもの、財布 ← 中身が多い)
b0279847_18011747.jpeg
いざという時のために斜めがけができること。
(トイレでバッグをかけるところが無いとか、
買い物袋をいっぱい持ってシーロー{軽トラの荷台}に乗る時とか。
引ったくり防止にもなる)

ふたが締まって、携帯や家の鍵がスルンと落ちてこないこと。
(汚い道に落ちたりしたら、しばらく立ち直れなくなるので…)

そして、汚れてもバッグ本体をウェットティッシュで拭くか洗うかができること。

と、ものすごく防備重視であります。
(もちろんバンコクでもそんなバッグじゃなく過ごすことはできます)

布のものは、折りたたんで持ち運べ、
ジャブジャブ洗えるのが良いですね。
形もいろいろと遊べるのが楽しいです。



口がパッカリ空いた、
大きなカゴバッグとか、
久しぶりに使ってみたいなぁ。

でも結局また、気兼ねなく使えるという点で、
シンプルなZARAのバッグを買ってしまいそうな気もしています…。



バッグを選ぶとき、こうであって欲しいという条件は何でしょう。
ちまちま、でも意外と真剣に考えています。



[PR]
# by notes-cohalu | 2018-02-01 18:07 | 手仕事
料理本の整理
久しぶりに『うづらやの菓子』のレシピでクッキーを焼きました。
娘のおやつ用だけど、
自分が食べたくて作っている。
なんとも滋味深い味わいで、
心に染みるようなおいしさ(だと私はいつも思う)。
b0279847_17423910.jpeg


引っ越しに向けて少しずつ荷物の見直しをしていますが、
つい増えてしまう料理本もその対象です。

ズボラな自分にとっては、
簡単に作れて、材料がどこでも手に入れやすく、
(料理下手の私でも)失敗せずに作れるもの。
そして、見ていて作りたくなるような写真、
置いておきたいきれいなデザインの本。
そう考えると、ずっと持ち続けたいと思うものは意外と多くありません。

そして残った私の料理本。
b0279847_17432867.jpeg
『ケンタロウ1003レシピ』の煮魚やハンバーグは我が家の定番。

堀井和子さんの本はシンプルな内容で、
何より見ていて気持ちがいい。

『OXYMORONのスパイスカレー』はおいしくて失敗せず、
今後インド生活ではさらに活躍してくれることと思います。

トラネコボンボンさんのお弁当の本は、
真似て作ることは少ないけど、
地味なメニューでも心底おいしそうで、
毎日のお弁当作りのモチベーションを上げてくれます。



物の整理は、自分ってこういう人だなってわかってくることでもありますね。
必要に迫られて、ではありますが、
引っ越しはやはり嫌いではありません。

荷出しに向けて、ぼちぼち頑張ろうと思います。

b0279847_17443873.jpeg

[PR]
# by notes-cohalu | 2018-01-27 17:48 | 日々のこと
日々の洗剤のこと その2
ここ1、2週間バンコクも空気が悪くて、
洗濯物を部屋干しする日が多いです。
そうするとどうしても洗濯物が嫌な臭いになりがち。
また、今のアパートの洗濯機から、
黒いピロピロ(たぶんカビ)がよく出るのも悩みのたねでした。

防ぐために除菌できるというタイの「アタック」洗剤を使ったけど、
臭いがキツくて使えず、
仕方がないのでタイのフジスーパーで売っている、
1000円以上もする日本のアタックを毎日使っていたのです。
(除菌率99.9%というのも何が入ってるのかなぁと気になりつつ…)

そんな中、雑誌で、
「タオルの臭い防止には仕上げにクエン酸」というのを見て、
お、これだ!と思い、
でもタイでクエン酸は見つけられていないので、
代わりにお酢を使って洗ってみました。
(洗濯機の柔軟剤ケースにお酢を大さじ1ぐらい入れる)
b0279847_18121236.jpeg
※洗剤はサスティナ、酢はスーパーのタイ料理コーナーのキューピーのもの


結果、自分的にはかなり満足のいく洗い上がり!
石鹸系の洗剤と使ってもカスが残りにくく、
黒いピロピロもずいぶん減りました。
柔軟効果で衣類もやわらか、
室内干しでも臭いもしにくく、洗い上がりもさっぱり。
(あくまでも私的感想です。
国や地域、水の硬度や、
個人的香りの好みによって感じ方は違うかと思いますので、悪しからず)

長らくの憂鬱を克服し、
あぁ、よかった。

ちなみに、夜、台所やテーブルを拭いたふきんは、
バケツに重曹を適当な量溶かしたものにつけておいて、
翌朝洗えば臭くなりにくいのでそうしています。



手に入れやすく安心なもので家事ができると、
なんとも言えず、うれしい。

酸性、アルカリ性、菌やカビ、
ふだんの生活の中の気になることも、もっとその特性を知って、
身の回りのものをうまく活用しながら暮らしに生かせるといいなと思います。

※以前の記事「日々の洗剤のこと

b0279847_17545163.jpeg



[PR]
# by notes-cohalu | 2018-01-19 18:06 | 日々のこと
案ずるよりも

1月ももう10日も過ぎてしまい、
すっかり出遅れてしまいましたが、
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

b0279847_18004825.jpeg

今年は新年早々ユニークなスタートになりました。

我が家も5年住んだタイを3月で離れることが決まり、
新居を探しに、この1月1日から、
次の赴任地である、インドのグルガオンという街に行って来たのです。

潔癖症の私にとって、
(と言っているけれど、もしかしたらここのところ随分改善されたのかもしれない。
でも地面にカバンは置けないし、
娘の通学バッグは毎日除菌シートで拭いていますが…)
インド赴任の話を初めて聞いたときは、
これは絶対に阻止するか単身赴任しかあり得ない、と思っていたのですが、
インドのことや、実際に住まれている方の情報を調べていくうちに、
次々どんどん、インドに興味が湧いてしまって、
正式に辞令が出た時には、幸か不幸か⁉︎、
すっかり一緒に行く気持ちになっていたのでした。

でも実際現地に行って見て、やっぱり耐えられそうにないと、
4月から行くのが嫌になったらどうしよう、と思いつつ降り立った初めてのインド。
(霧と大気汚染でものすごくかすんでいますが…)
b0279847_18023344.jpeg
「シャワーは目と口をしっかり閉めて使わないと雑菌が入る」とか、
食べ物でお腹を壊すんじゃないか、とか、
街中のトイレは使えるレベルだろうか、とか、
いろいろ心配していたけれど、
滞在中はあまり困ったこともなく、
家族みな、カレーをおいしくいただき、
あぁ、これなら住めるような気がする、
と、ちょっとひと安心して帰ってきたところであります。
b0279847_18053146.jpeg
まぁ、今回は初心者へのほんの歓迎だったかもしれません。
まだまだ、これから。

新居も大方決まり、
タイでの生活も残り2カ月余り。
4月からのインド暮らしを、
心して、でも楽しみな気持ちも持ちつつ、迎えられればと思っています。


案ずるよりも、
動いてみたら、
思ったよりは易いかもしれない。
b0279847_18093063.jpeg




[PR]
# by notes-cohalu | 2018-01-10 18:40 | 日々のこと
社長室 2017/12/30
ルアンパバーンの、ワンとにゃん

b0279847_17533764.jpeg

b0279847_17540540.jpeg

b0279847_17542700.jpeg

b0279847_17544843.jpeg


戌年もどうぞよろしくお願いいたします。

b0279847_17552462.jpeg


[PR]
# by notes-cohalu | 2017-12-30 18:01 | 社長室
ぶら〜り、ルアンパバーンの旅
タイにいる間に一度は行ってみたいと思っていた、ラオスのルアンパバーンに、
先日、1泊2日ですがやっと行くことができました。
b0279847_16203116.jpeg


バンコクから飛行機で1時間ちょっと、

山に囲まれた空港に降り立ち、車で15分ほど、
アジアと西洋をミックスしたような建物が並ぶ、
なんとも素敵で可愛らしい街がありました。
b0279847_16220814.jpeg


歩いて回れるほどの小さな街。
着いた日の夜はナイトマーケットをぶらぶら。
b0279847_16294381.jpeg

b0279847_16304001.jpeg


夜ご飯はラープ(ひき肉の和え物)と、
ラオスビールに合う、名物という川海苔を。
香ばしくておいしい。
b0279847_16314202.jpeg




翌日もぶらぶら街歩き。
ルアンパバーンには感じの良いカフェがたくさんあって、
疲れたらすぐにお茶します。
b0279847_16342262.jpeg

ブラウンシュガーにライムを絞って食べるクレープ、
とても美味しかったです。
b0279847_16362568.jpeg


お昼ご飯には地元の食堂でカオソーイという麺料理。
平たい米麺の優しい担々麺風。
娘も完食の食べやすさとおししさでした。
b0279847_16372457.jpeg
(私、潔癖症と言いながら、
食べ物への潔癖のハードルは低いということに、
先日友人と話しながら気がつきました。
でも食いしん坊のため、
そこは好奇心の方が勝ってしまうのです←理にかなっていない)




b0279847_16382410.jpeg


ぶらぶらラオスのお土産は、
ナイトマーケットと「ma te sai」というお店で買った、
手織り綿のタオルとコースター。
どこに行っても同じような物ばかり買って、
我ながらあきれますが。
b0279847_16402832.jpeg
ラオスコーヒーは酸味が少なくて好みの味でおいしかったです。



今回のルアンパバーン訪問の目的の一つが、
Azeraiというホテルに泊まることでもありました。
b0279847_16464999.jpeg


アマンの創業者が初めてつくった、手の届く価格帯の新しいホテル。

建物にインテリア、
部屋のカーテンやアメニティの入った籠、
b0279847_16454518.jpeg

スタッフのユニフォームやお掃除道具まで、
見るもの全て、美しく気持ちのいいホテルでした。
b0279847_16501998.jpeg



朝食のビュッフェはシンプルなものでしたが、
クロワッサンも新鮮なフルーツもコーヒーもとてもおいしかった。
毎日こんな朝ご飯を食べたい。
b0279847_16513911.jpeg


b0279847_22055090.jpeg





人々はもの静かで、のんびりしていて、
建物が可愛らしく、
きれいで素敵なホテルもあって、
ルアンパバーンは今まで訪れた場所の中でも一番ぐらいに好きな街になりました。
b0279847_16542680.jpeg

頼んだ食事や飲み物も、長〜い時間待ったり、

また、小さな小さな国際空港は、
トイレや待合のイスもなかなかの汚さでしたが^^;、
そこら辺の抜け具合もまたなんともこの地域らしく(⁉︎)も思えて、
そういうのも、後から笑い話になるような、
旅の楽しみの一部でもあるのかなと思います。
b0279847_16555052.jpeg
静かにワクワク、心にしみる、
ぶら〜り、ルアンパバーンの旅でした。
b0279847_17004831.jpeg


b0279847_16593484.jpeg




今年も残すところあと4日。
とりとめのないことを書くだけのブログですが、
今年も、遠くから、近くでも、
いつものぞいて下さってありがとうございました。

穏やかに元気で、良い年が迎えられますように。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

新しい年もがんばるぞ!








[PR]
# by notes-cohalu | 2017-12-27 17:08 |
クリスマスの花と、新しいスタートに
クリスマス前のお花の屋台では、
いつもより花が新鮮で種類も豊富でうれしい。
以前には見かけなかったような、
シックな感じのお花も最近は置くようになりました。
b0279847_18263395.jpeg

b0279847_18273276.jpeg


ここ4、5日最低気温が15度前後と、
バンコクには珍しい涼しさ(暑さに慣れた身には相当寒い…)で、
少し年末の雰囲気を感じられるようになりました。

b0279847_18283063.jpeg

バンコクでは12月は異動される方も多い時期で、
夫も娘も私もそれぞれに、仲良くしてもらった方がバンコクを離れます。
またいつか会えるとは思っても、
一緒に同じ街に住むのはこれで終わり、と思うと、
なんとも言えず寂しいものです。

でも、新しい世界で新しい生活のスタート。
よい場所、よい仲間に出会い、
仕事や学校にもすんなり慣れて、
安心して過ごせる居場所が、
それぞれにまた見つけられるとよいなと、心から願っています。


どうぞ、楽しいクリスマスとなりますように!





[PR]
# by notes-cohalu | 2017-12-22 18:33 | 日々のこと