捨てられないほどのものと
b0279847_042639.jpg


先日の娘の発表会に着て行った、私の一張羅。
何度も破れて穴があいて、
でもどうにも捨てられず、
レースを当てて継ぎをしては着ている、
10年もののお気に入りのシャツ。
なかなかそういう出会いは難しいけど、
それぐらい好きなものと、
できればそういうものとだけ暮らしたい。

I wore this special one for me on my daughter's preschool day.
It's my most favorite shirt
which has torn and had a lot of hole again and again
but I can't throw away and have worn
with putting patches on for 10 years.
It's not easy to find ,
but I want to live with things love like that
or if posseble, just with like that
.

[PR]
by notes-cohalu | 2013-12-17 00:55 | 日々のこと
<< 暑い国のクリスマス 天使の街のいま >>