タイでもパン焼き器
近くにあるデパートでPanasonicのパン焼き器が販売されているのを目にして、
数か月前に、ついつい、こちらでもパン焼き器を買ってしまいました。

以来、パン屋さんでパンを買うことはほとんどなくなり、
こちらで手に入る粉で、
いかに自分の好きな感じのパンが焼けるか、
実験のようなつもりでいろいろ試しています。

ただ、こちらで売られている機種には、
「天然酵母コース」なるものはついていなくて、
でも、なんとか少量イーストや自家製酵母でも焼けないだろうかと試してみたところ、
見事、ブドウ酵母のフルーツ入りカンパーニュ(風?)が大成功で、
母ちゃん一人家にて、大変喜んでいます。
b0279847_18183130.jpg

(方法は、パン焼き器に材料をいれて『こね』コースのあと、
生地が2倍くらいにふくらむまで置いておいて、
その後ふつうの食パンコースを、ケースを入れずに空の状態でスタートさせ、
最初のこねが終わって、機械が止まった時にケースを入れて、
あとはそのまま最後まで焼く、というもの)

パンをあまり食べない夫からは、
「もう少し飯作りに力を入れて欲しい」、と言われそうですが・・・、
好きなものには、意欲もわくってもんですよねぇ。

次なる目標は、
もっちり腰のある、シンプルで飽きない味の食パン。
果たしていつか成功できるでしょうか。
タイのパン焼き器研究は続く。
b0279847_1821883.jpg

[PR]
by notes-cohalu | 2015-10-09 09:59 | 日々のこと
<< 新しい季節 青と白への >>