カテゴリ:インドのお気に入り( 9 )
ワクワクを心に


先日の土曜日、
Surajkund International Crafts Melaというイベントに行ってみました。
とても広い会場に、
インド各地の様々なクラフト製品が集まっています。
b0279847_20181786.jpeg



刺繍のお店に、
b0279847_20190392.jpeg


ウールの織物、ショール類、
b0279847_20193874.jpeg



布物以外にも、いろいろ。
b0279847_20222447.jpeg



インドのサンダルは、
夏に日本で履いたら、とてもかわいいだろうなぁと思う。
b0279847_20211154.jpeg




フードコートも充実しておいしそう。
b0279847_20232885.jpeg





太鼓に合わせてみんな踊り出し、お祭りのようです。
b0279847_20242772.jpeg




International Melaということで、
外国からの出店も多数あります。



む!
b0279847_20261698.jpeg



むむむ!!!
b0279847_20272049.jpeg


何てすてきなラグ!
チュニジアのものらしい。

大きくない方のものは、一枚1000ルピー(約1600円)ということで、
一目惚れで衝動買いしてしまいました。

う〜ん、かわいい。
b0279847_03020386.jpeg

行けども行けどもお店が続くとても大きな会場で、
2時間半いても全然周りきれませんでした。

帰りたくないくらい楽しかった。
来年もまた行こうと思います。
(今年は今月17日、日曜日まで開催とのことです)






好きなもの、素敵なものを前にすると、
パッチリ目を見開いて、心が浮き立ち踊るような、
ものすごくワクワク、
ときめく気持ちになります。

ワクワクすると、なんだか元気がわいてきて、
日々続く毎日のできごとにも、
気分良く笑顔で向かえるような気がする。
b0279847_03172297.jpeg




ここ2、3日のできごとを振り返ると、
ATMでは現金が下ろせず、
5袋買った小麦粉は、帰ってレシートを見ると6個で計算され、
ネットで2本頼んだシャンプー(夫の抜け毛防止用の大事なシャンプー(^^;)は1本しか届かず。
業者に頼んでおいた車は、約束の時間に電話すると、
「今向かっててあと10分で着く」と言う。
結局別の車で行って、会合には遅刻した…。


ひとつひとつは些細なことなんだけど、
いろいろ続くと、
なんだか疲れたなぁもう…、と思ったりもして…。

(でもみんな大真面目にやってその結果な感じで、
なんだか笑えてもくるのだけど)



でも、そんな気持ちでふと外を眺めると、
こんな光景が広がっていたりするのです。

b0279847_03195343.jpeg


b0279847_03202738.jpeg
いっぱい羊〜、か、かわいい!

また、元気が出てきた。




どこにいても、

ワクワクときめくことをたくさん、見つけられるといいと思う。


うれしい春も、もうそこに。

b0279847_03232284.jpeg



インドにもついにできたPAULのクロワッサンにも、
大いにときめくよ〜。

b0279847_03223078.jpeg


















by notes-cohalu | 2019-02-13 20:10 | インドのお気に入り
巻き物、こわい。

インドに来てから、
ついつい増えてしまって困るものがあります。

それは、巻き物。
首に巻く、ストール類です。

以下、この10ヶ月で買ってしまったもの…。




以前ご紹介したCALICOさんの
タッサーシルクの刺繍ストール 。
b0279847_16225846.jpeg




Dastkarで年末にやっていたクラフトバザーで見かけた、
手編みのマフラー。
b0279847_16065122.jpeg

ラダックというインド北部の地方で作られたものだそうで、
毛糸がなんとパシュミナなのです。

ほんわり、猫ちゃんに触れているような柔らかさ。
パシュミナの手編みマフラーなんて初めて見たので、
うれしくて、つい。



Dastkarでは定期的に、
インドのクラフトが集まるいろんなフェアやバザーを開催していて、
場所も日本人学校の近くで行きやすく、
新しいイベントがあるたびにのぞく、大好きなところです。

今は今月21日までDesign Fairというのを開催中です。

b0279847_16171042.jpeg



b0279847_16192210.jpeg





こちらはいわゆる、パシュミナストール。
日本でも販売されているらしい、Ahujasonsのお店を年明けにのぞいてみると、
ちょうどセールが始まっていて、これまた、ついつい…。

b0279847_16102685.jpeg

刺繍がなんともうっとりの美しさなのです。


日本への出張を控えていた夫も、
自分用にシンプルなものを買っていました。

b0279847_16114857.jpeg

日本で販売されているよりはずいぶん手が届きやすいお値段で、
パシュミナ以外のウールやシルクなどは、
1000ルピー以下のものもありました。





先日アパート近くで開かれた、
peroというインドのファッションブランドのセールで。

b0279847_16111581.jpeg


味わいのある生地に施された、

ボタンやタグ、ステッチなど、
細かい仕事がかわいくてかわいくて、どうにも我慢できず。

b0279847_16124612.jpeg
peroのものも、
お洋服など、日本でもセレクトショップで販売されているようです。






巻き物は、いろいろに合わせられて、
何本あっても困らないから〜、などと言い訳しつつ。

どうぞ、もう誰も私を、
素敵な巻き物がある場所に連れて行ったり、
こんなお店もあるよと、教えてくれたりしないでください(うそです)。



インドを去る時までに、
これからいったいどれだけの巻き物に出会えるでしょうか。

すてきな巻き物、あぁ、こわい〜。



b0279847_16174951.jpeg





by notes-cohalu | 2019-01-17 16:28 | インドのお気に入り
インドについて、好きな本

b0279847_18111746.jpeg


インドに住むことがわかってから、
インドについてのいろんな情報を集めて、見たり聞いたりしてきました。

とにかく何もわからず、
最初はただただ不安を減らしたい気持ちで調べ始めたインドのこと。

そんな中で出会った、
今でも好きでよく手に取る本。
(個人的な趣味で偏りがありますが、悪しからず…)



『持ち帰りたいインド』

b0279847_18143648.jpeg

この本を見てから、インドの物にぐぐぐっと惹かれていきました。

こんなに魅力的なものがたくさんあるのか、と。

b0279847_18153011.jpeg


『河童が覗いたインド』
『インド旅行記』中谷美紀

b0279847_18155989.jpeg

デリーやその周辺だけではなく、

インド中のいろんな地域にも、いつか行ってみたいなぁと思いを馳せる。
素敵な河童さんや中谷美紀さんのインドの人々とのやりとりも、
なるほどなぁと一緒に体験する気持ちで。




インドの布と言えばの、岩立広子さんの本。
『インド 大地の布』

b0279847_18165734.jpeg



ブロックプリントの布やそれが作られるラジャスタン地方についての本。
どちらも、女子にとって魅力的なものがたくさん。

b0279847_18173337.jpeg


b0279847_18181127.jpeg



こちらはインドで買ったガイドブック。
『LOVE DELHI』
『LOVE JAIPUR &RAJASTHAN』
Fiona Caulfield著

b0279847_18190027.jpeg

レストラン、ホテル、セレクトショップ、手工芸品のお店など、
素敵なお店がいろいろと紹介されています。

英語の説明とイラストだけなので、
気になるお店を1つひとつネットで検索して利用しています。
同じシリーズで他にもムンバイ、ゴア、バンガロールもあるようです。




雑誌のバックナンバー。
どちらも6、7年前のものですが、
今まで見たことのなかった景色や建物、
人々の手仕事や布についての美しい写真に魅せられます。

b0279847_18195013.jpeg

b0279847_18202099.jpeg



こうして眺めていた遠い国に、
今いる、という不思議。


もしかすると、もしかして、
あなたもインドに来てみたくなるでしょうか。










by notes-cohalu | 2018-11-28 18:25 | インドのお気に入り
インド滞在中の楽しみ


インドに来る前から訪れるのをずっと楽しみにしていた、
CALICOさんのオープンアトリエに行ってきました。

インドの手仕事布で作られた製品を日本で販売されているCALICOさんですが、
時々、その製品を見たり購入したりできる場所がデリーにあると知った時、
インドに住めることになってよかった!とさえ思いました。

きっとここで、
心を癒されている日本人の奥様たちもたくさんいらっしゃるだろうと思います。


アトリエに伺ったのは2回目。
今回は、タッサーシルクの生地にカンタ刺繍が一面施されたストールを、
どうにも心惹かれて購入しました。

美術品のような1枚です。

b0279847_18501447.jpeg


洋服もとても素敵。

b0279847_18510356.jpeg

ため息の出るような細やかな刺繍、
いったいどれだけの時間をかけて織られたのだろうと、
気の遠くなるような、細い糸の軽やかなカディの生地。


大事に使わせてもらおうと思います。


店主の小林さんに直接お話しを伺えるのもうれしく、
これからきっと、何度も何度も訪れるであろうと思う、
CALICOさんは、インドで1番のお気に入りの場所のひとつです。
(ただ伺う度に財布のひもが緩くなるのだけが心配(^_^;))





b0279847_19024062.jpeg

朝は17度くらいまで気温が下がって、
昼間の日差しも柔らかく、ずいぶん秋めいてきました。


街路樹には、黄緑色の小さな花がたくさん咲いている。

b0279847_19045663.jpeg

空気は日を追うごとに悪くなってきていますが…。

ここでしか味わえない楽しみも満喫して、心の中から健康に、
インドの秋冬を元気に乗り越えていきたいものです。
















by notes-cohalu | 2018-10-26 19:12 | インドのお気に入り
インド料理備忘録


ここに住んでから、外に食べに出かけて、
おいしかったインド料理の備忘録。

南インド料理、Naivedyam

b0279847_15384341.jpeg


b0279847_15393966.jpeg
ターリー(定食)やドーサ(薄焼きクレープみたいなもの)。
お値段もお手頃で、デリバリーでも時々頼みます。






グルガオン、Metropolitanモールの3Fの、
Rajasthaliのターリー

b0279847_15404944.jpeg

南インド料理よりも、しっかりこっくりした印象の味。
ターリーは目にも楽しい。
ランチで415ルピー(1ルピーは現在1,53円)


こんな風に配膳してもらって、おかわり自由です。

b0279847_15415315.jpeg

カレー数種類に、
b0279847_15424347.jpeg

甘味のものも数種類。
b0279847_15431960.jpeg

主食もバリエーション豊か(これにライスも付く)。

b0279847_15440600.jpeg







友人に連れて行ってもらったビュッフェレストラン、
グルガオン、Ambienceモールの4Fの、

The GT Road



串焼きグリルのものが配られ、

b0279847_15460098.jpeg


自由に取れるカレーも種類が豊富。
b0279847_15472136.jpeg



インドらしいデザートもたくさんあります。
b0279847_15483188.jpeg






ビールのブリュワリー(自家醸造所)パブで食べるインド料理。

インドの都市で今流行っているのか、
あちこちにこういうお店があります。

b0279847_15502719.jpeg


ピザやパスタなど、インド料理以外も食べることができて、
我が家ではファミレス感覚でよく利用しています。

b0279847_15513680.jpeg


Southpointモールのパブは、どこもおいしいなと思いましたが、
Striker Skybarのバターチキンとガーリックナンは好きな味でした。
(夫はバターチキンが好きで、どこに行っても頼んで食べ比べています)

b0279847_15521502.jpeg




ちょっと気取って、
デリーのタージマハルホテルのレストラン、VARQでのランチ。

b0279847_15543933.jpeg


アルゴビブロッコリー(じゃがいもとカリフラワーにブロッコリーの入ったカレー)が、
上品な味で旨味満天でとてもおいしかった。

b0279847_15534977.jpeg





ジャイプールのPeshawriというタンドーリ(窯焼き)料理レストランの、
エビ焼きも忘れられないおいしさでした。

b0279847_15555773.jpeg




まだまだ、半年食べたものの中での話なので、
今後好みも変わるかもしれませんが。



日本でもインド料理のお店がふえていると聞きました。

せっかく現地にいるうちに、
最先端の流行りの味(!?)を、
これからもいろいろ試して味わってみたいです。












by notes-cohalu | 2018-10-18 16:05 | インドのお気に入り
探検、Vyapaar Kendra


グルガオンで日本式のパン屋さんIrohaが入っている、
Vyapaar Kendra(ビャパールケンドラ)というマーケットに、
時々友人に連れて行ってもらって一緒に買い物をするのですが、
ここがなかなか面白いところで、最近ちょっと気に入っています。

b0279847_14314120.jpeg


ハエがブンブン、野良犬が何匹もゴロンとしていて、
ローカルチックな雰囲気満天のマーケットには、
間口の狭い商店がたくさん集まり、
食品、日用生活雑貨、電気屋さん、靴屋さん、美容院に、仕立て屋さん、
あらゆるものが売られています。

b0279847_14325349.jpeg

b0279847_14361611.jpeg


例えばこんなものを買いました。

食器屋さんでBOROSILのカップ。
(ガラスですがレンジ、オーブン、直火もOKな優れもの。
インドのメーカーのもので、日本でも扱いがあるようです)


b0279847_14373240.jpeg

チャイグラス。
b0279847_14381738.jpeg


b0279847_14365476.jpeg



日本人の奥様御用達の(⁉︎)フェルト屋さんのコースター。

b0279847_14383703.jpeg


「なんでもあるよ」というおじさんのお店では、
シンプルなスパイスケースを買いました。

b0279847_14391372.jpeg

b0279847_14411043.jpeg




「こんなものが欲しい」と見せたり説明したりして誰かに聞くと、
あっちだよ、こっちだよ、何番の店だよ、と教えてもらえて、
たいていのものが見つけられる。

その過程が、小さな探検のようで、
たったひとつの買い物に、なんだか達成感を感じる瞬間なのであります。



地元の人と会話をしながらの、少しドキドキする買い物。
旅や、異国の地での暮らしの楽しみは、こういうことにもあるのかなと思います。


b0279847_14454902.jpeg





もう一週間以上雨の降らない日々。
いよいよ雨季も明けるようです。

デング熱や大気汚染の心配は出てくるけれど…、
気持ちも晴れやかに、楽しんでいきたい。

b0279847_14451969.jpeg











by notes-cohalu | 2018-09-18 14:53 | インドのお気に入り
インド大地の布、に会いに


インドに来て1番最初の大きな買い物は、
岩立広子さんの書かれた『インド 大地の布』という本でした。

日本に一時帰国している間、本屋さんで手に取って見られるところは見当たらず、
また、Amazonで頼んで日本から手荷物で持って行くには重そうで、
(他に持参すべきものがいっぱいで)
しばらくは、と購入を諦めていました。

が、インドに着いた週に訪れた、
ダイヤパークプレミアというホテルのお土産やさんで、
新品でまだ袋に入ったまま、一冊だけショーケースに飾られているのを発見!
販売されているものなのか伺うと、そうですよということで、
迷いなく、喜び勇んで買わせてもらったのでした。
(しかも出版当時の日本の定価で)

b0279847_18053429.jpeg

インドの布についての、教科書とも言えるような本。
時々開いて見ては、
うっとりしたり、その布や作られる地域に思いを馳せたりしています。



手紡ぎ手織りのカディコットンや薄手のタオル。
行く先々で見かけては、気になるものを手にして、
少しずつ集めています。
この布を、どんな風に使ってみたいかなぁと想像しながら。

b0279847_18065668.jpeg



色んな種類のものが、どこに行ったら買えるのか、
また、そのような場所にふらっと1人で行ってみることもまだなかなか難しく、
いっぺんに、というわけにはいきませんが。



ここに住んでいる間の楽しみにと思って、
ゆっくりじっくり、
インドの布に出会ってみたいと思っています。



b0279847_18102704.jpeg



b0279847_18110751.jpeg

街ゆく人々や、
インド料理のお店の人の身につけている服の生地も、
心惹かれる、萌えポイントです。








by notes-cohalu | 2018-08-02 18:21 | インドのお気に入り
ブロックプリントの魅惑
インドで楽しみにしていたことのひとつが、
ブロックプリント(木版を使ったプリント生地)の製品を手にすること。

昨日、メーカーのひとつ、
Anokhiのお店に行くことができました。

お店が入っているアンビエンスモールは、
近代的でとても大きくきれいなモール。
b0279847_20185151.jpeg

初めて目にしたブロックプリントのものは、
とてもかわいらしくて、魅力的でした。

娘の部屋用にカーテン、
b0279847_20204096.jpeg

ハンカチに、
b0279847_20222685.jpeg
キルティングされたポーチなど、
b0279847_20225030.jpeg
久しぶりの生活必需品以外の買い物だったのも手伝って、
いろいろとたくさん買ってしまいました。


かつて世界中の人々を魅了し、
リバティやソレイアードなどの生地にもつながっていったもの。
私の心も、その魅力に今後大いに惑わされそうです。

※『インドの更紗手帖』は、
眺めているだけでも素敵で楽しい、
ブロックプリントについての本です。
b0279847_20234272.jpeg

by notes-cohalu | 2018-05-16 20:36 | インドのお気に入り
スーパーで、インドの布物
どのスーパーでもふつうに売られていて、
心奪われた(私の場合ですが…)、布物。

雑巾とふきん。
ざっくりと織られた素朴な綿の生地。
スコッチブライトのものだって化繊ではなく、綿織物。

b0279847_15020061.jpeg


b0279847_14390345.jpeg

どれも1枚20〜40ルピー(1ルピー≒1,64円)と、
とてもお手頃。
綿生産がさかんな土地柄ゆえでしょうか。
意味もなくたくさん買ってしまいました。

幅広の雑巾は、
大きな水切りワイパーみたいなのに付けて、
こんな風に使うようです。
b0279847_14405621.jpeg





by notes-cohalu | 2018-04-27 14:49 | インドのお気に入り