<   2018年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Yesの理由


b0279847_15151416.jpeg

先日浄水器の修理をお願いしたのですが、
久しぶりに、2日間待ちぼうけをくらいました。
(来る、と約束したのに来てもらえなかった)

カリカリしながら何度も不動産屋さんに電話をし、
かかる費用は自分で払いますよ、と伝えたらアッサリ来てもらえて、
すぐに直って一件落着。



ちょうどその日は、
英会話の家庭教師の先生(インド人)がいらっしゃる日で、
あったことをそのまま彼女に話してみました。


彼女によると、インド人の多くには、
期待されることに対しては「Yes」と言おう、
期待には応えたい、という考えがあって、
「No」「できません」と言うのはとても難しいことなのだということ。

それで誰かを待たせたり、突然キャンセルになったりするのは、
もちろん良くないことなのだけど、
それよりも面と向かって「No」と言う方が難しいのです、
ということを説明してくれました。



あぁ、なるほどなぁと、妙に納得。

今回の修理も、無償でできることはもう無くて、
対応してくれた管理会社の窓口の方にはどうにも対処できない、
そんな状況での、待ちぼうけだったのだろうかと想像する。

意地悪や、怠惰ゆえ、というわけではなく。
(もちろん、怠けていて進まない事もあるのだろうとも思います…)


b0279847_15161265.jpeg

*これは窓が開かなくなった時の様子。こういう時にはすぐに来てくれる。




急なキャンセルや、約束の時間が守られないのはとても困るし、
できないことは知らせて欲しい、と次回からは伝えたいけど、
インドの人たちの中には、
そのような考え方をする人もいるんだな、と心に留めておくことは、
自分にとっては、イライラが鎮まって、
聞いてよかったなと、気持ちが楽になった出来ごとでした。


インド人は、
「ありがとう」と言わない。
「ごめんなさい」も言わない。
すぐに嘘をつく。
そんな情報をたくさん見聞きしてきたけれど。

実際に住んでみて、
自分が接してみたインドの人たちは、
「Thank you」も「I’m sorry」も言うし、
時間に正確な方ももちろんいて、
我が家のドライバーさんは私が3分遅れると、電話をかけてきます…。


住む場所や文化が違えど、同じ人間だから。
相手を思いやるという気持ちは、その形は時に違っても
変わらないんだよな、きっと、と思います。

b0279847_15190019.jpeg





*先生との英会話の授業で、インドならでは⁉︎と感じたフレーズから。

・“a”と”the”の使い分けの例文で

I bought an apple. The apple was spoiled.
リンゴを買いました。
そのリンゴは腐りかけていました。
(買ってきたばかりなのに〜)


・電化製品のトラブルについての例文で

It shocks me whenever I try to turn it on.
スイッチを入れようとする度に衝撃が走ります。
(オォ〜、イッツベリーデンジャラスー!すぐに修理してもらいましょう…)



b0279847_15351249.jpeg


















[PR]
by notes-cohalu | 2018-10-31 15:39 | 日々のこと
インド滞在中の楽しみ


インドに来る前から訪れるのをずっと楽しみにしていた、
CALICOさんのオープンアトリエに行ってきました。

インドの手仕事布で作られた製品を日本で販売されているCALICOさんですが、
時々、その製品を見たり購入したりできる場所がデリーにあると知った時、
インドに住めることになってよかった!とさえ思いました。

きっとここで、
心を癒されている日本人の奥様たちもたくさんいらっしゃるだろうと思います。


アトリエに伺ったのは2回目。
今回は、タッサーシルクの生地にカンタ刺繍が一面施されたストールを、
どうにも心惹かれて購入しました。

美術品のような1枚です。

b0279847_18501447.jpeg


洋服もとても素敵。

b0279847_18510356.jpeg

ため息の出るような細やかな刺繍、
いったいどれだけの時間をかけて織られたのだろうと、
気の遠くなるような、細い糸の軽やかなカディの生地。


大事に使わせてもらおうと思います。


店主の小林さんに直接お話しを伺えるのもうれしく、
これからきっと、何度も何度も訪れるであろうと思う、
CALICOさんは、インドで1番のお気に入りの場所のひとつです。
(ただ伺う度に財布のひもが緩くなるのだけが心配(^_^;))





b0279847_19024062.jpeg

朝は17度くらいまで気温が下がって、
昼間の日差しも柔らかく、ずいぶん秋めいてきました。


街路樹には、黄緑色の小さな花がたくさん咲いている。

b0279847_19045663.jpeg

空気は日を追うごとに悪くなってきていますが…。

ここでしか味わえない楽しみも満喫して、心の中から健康に、
インドの秋冬を元気に乗り越えていきたいものです。
















[PR]
by notes-cohalu | 2018-10-26 19:12 | インドのお気に入り
インド料理備忘録


ここに住んでから、外に食べに出かけて、
おいしかったインド料理の備忘録。

南インド料理、Naivedyam

b0279847_15384341.jpeg


b0279847_15393966.jpeg
ターリー(定食)やドーサ(薄焼きクレープみたいなもの)。
お値段もお手頃で、デリバリーでも時々頼みます。






グルガオン、Metropolitanモールの3Fの、
Rajasthaliのターリー

b0279847_15404944.jpeg

南インド料理よりも、しっかりこっくりした印象の味。
ターリーは目にも楽しい。
ランチで415ルピー(1ルピーは現在1,53円)


こんな風に配膳してもらって、おかわり自由です。

b0279847_15415315.jpeg

カレー数種類に、
b0279847_15424347.jpeg

甘味のものも数種類。
b0279847_15431960.jpeg

主食もバリエーション豊か(これにライスも付く)。

b0279847_15440600.jpeg







友人に連れて行ってもらったビュッフェレストラン、
グルガオン、Ambienceモールの4Fの、

The GT Road



串焼きグリルのものが配られ、

b0279847_15460098.jpeg


自由に取れるカレーも種類が豊富。
b0279847_15472136.jpeg



インドらしいデザートもたくさんあります。
b0279847_15483188.jpeg






ビールのブリュワリー(自家醸造所)パブで食べるインド料理。

インドの都市で今流行っているのか、
あちこちにこういうお店があります。

b0279847_15502719.jpeg


ピザやパスタなど、インド料理以外も食べることができて、
我が家ではファミレス感覚でよく利用しています。

b0279847_15513680.jpeg


Southpointモールのパブは、どこもおいしいなと思いましたが、
Striker Skybarのバターチキンとガーリックナンは好きな味でした。
(夫はバターチキンが好きで、どこに行っても頼んで食べ比べています)

b0279847_15521502.jpeg




ちょっと気取って、
デリーのタージマハルホテルのレストラン、VARQでのランチ。

b0279847_15543933.jpeg


アルゴビブロッコリー(じゃがいもとカリフラワーにブロッコリーの入ったカレー)が、
上品な味で旨味満天でとてもおいしかった。

b0279847_15534977.jpeg





ジャイプールのPeshawriというタンドーリ(窯焼き)料理レストランの、
エビ焼きも忘れられないおいしさでした。

b0279847_15555773.jpeg




まだまだ、半年食べたものの中での話なので、
今後好みも変わるかもしれませんが。



日本でもインド料理のお店がふえていると聞きました。

せっかく現地にいるうちに、
最先端の流行りの味(!?)を、
これからもいろいろ試して味わってみたいです。












[PR]
by notes-cohalu | 2018-10-18 16:05 | インドのお気に入り
日本からインドへの必需品は


一週間日本に出張中の夫に、
買ってきて欲しいものをメモしたリスト。

つまりこれが、次回の一時帰国までに今の私達のインドの生活で必要な、
日本から持ってくるべき必需品、ということになります。


b0279847_16555397.jpeg

これ以外に、
高性能なマスクをネットで注文し、
常備薬と生ものを少し(牛肉や魚の干物)お願いしました。

こうして眺めながら、
つまり私にとって、ここでどうしても必要なのは、

・除菌ウェットティッシュ
・換気扇フィルター(台所の換気扇の外や上から汚れた外気が入ってくるのを防ぐため)
・虫除け(子どもにも使用回数制限のないイカリジンのもの)
・マスク

ということなのかな、と思います。
(それ以外は無くてもものすごくは困らない、もしくはインドでも買える。
除菌ウェットティッシュも、どうやらインドでも手に入りそうな気がしています)




引越してきた際に持ってきてよかったな、と思っているものは、

エアモン(PM2.5計測器)と水質チェッカー。

b0279847_16570664.jpeg

インドに来るにあたり一番心配だったのは空気と水だったので、
数値で目に見える形でチェックできるのは安心につながっています。


あとは、実家の梅干しや、ふきの佃煮の冷凍したもの、たくわんなど。
ここでは(世界中どこででも)買えない味はやっぱり心に染みる。








ここ最近、どうしてもゆっくり発酵系の固いパンが食べたくなって、
でもこの辺には無いので(たぶん)、作る。

手はじめに少量イーストで。
粉はマエダ(インドの中力粉)とアッタ(インドの全粒粉)。

干しぶどうとクルミ入りのカンパーニュと、
b0279847_17023133.jpeg


くるみプチパン
b0279847_17033134.jpeg

クープがうまくパッカンとならなかったので、また挑戦してみよう。

ぶどう酵母もおこしてみています。
どうぞうまくいきますように。

b0279847_17041138.jpeg


あるもので、食べたいものは作る、
無い物は工夫して生活する(しかない⁉︎)、
という気持ちで、できれば身軽に。

料理も何でも、下手くその中途半端ばかりで、
立派なものは出てきませんが…。
それでもこうしてなんとかかんとか、不自由の中にも喜びを感じつつ、
インドでも暮らしております。

(でも日本のお菓子とか、娘共々とても楽しみに夫の帰りを待っていますよ(^^))















[PR]
by notes-cohalu | 2018-10-14 18:39 | 日々のこと
半年後、初めての冒険は


インドに住んで半年が経ちました。
毎日驚くことばかり、ということは無くなってきて、
どんな場所でもどんな生活でも、
人って慣れていくもんなんだなぁ、と思います。



半年経って、つい最近初めてやってみたこと。

その1 ローカルチャイを飲んでみた

b0279847_02033956.jpeg

日本人学校の近く、住宅街の中にある商店の一角にある小さなスナック屋さんで。

店構えと調理場の様子からは食べ物を注文するのはちょっとためらわれますが、
チャイはぐつぐつ沸かして作るし、
新しいカップに入っているので大丈夫だろうと、
飲んでみたい気持ちの方が勝つ。

b0279847_02024809.jpeg


甘いジンジャーチャイ。
想像通りのとてもおいしい味だった。

b0279847_02012495.jpeg

チャイは素敵なホテルとかで飲むよりもたぶん、
こういうお店の方がおいしい、と個人的には思う。



一杯10ルピー(約15円)のチャイをすすりながら、
おじさん達がおしゃべりしている様子が、のどかで楽しそう。

b0279847_03254989.jpeg









その2 パック牛乳を買ってみた

いつもは煮沸の必要が無い「WHYTE」という牛乳を買っているのですが、
その日はスーパーに在庫が無く、
初めて「Amul」ちゃんのビニールパック牛乳を買ってみました。
(Amulはインドの乳製品メーカー。
女の子の絵がトレードマークで、勝手にアミュルちゃんと呼んでいる)

b0279847_02075120.jpeg
さて、家に帰ったらまずビニールパックを水で洗って、
(冷蔵庫の底に、ジャブジャブ水浸し状態で売られていたので…)
コンロで沸騰するまで加熱します。
目を離さずにいないと、必ず吹きこぼれるであろうと思われるので注意。
その後、冷ましてから冷蔵庫で保管します。
(この時、直火で使えてそのまま冷蔵庫にも入れられるBOROSILのポットが大変便利だった)

b0279847_02084560.jpeg

インドではこのように煮沸が必要な牛乳の方がまだ多いようで、
「WHYTE」の牛乳もやや不安でいつもチンしてから飲んでいたため、
冷たい牛乳を飲んだのは久しぶり。
さらっとして、でもちゃんとミルクらしい味がしておいしかった!
今度はもう少し濃厚なタイプも試してみよう。




これから1年、3年、あるいは5年(!?)、
インドを去るまでに、どれだけのことを知ることができるでしょうか。

新鮮な気持ちを忘れず、
きっとあっという間に過ぎていくであろう日々を、
噛みしめて過ごしたいものです。



b0279847_02115241.jpeg




















[PR]
by notes-cohalu | 2018-10-11 02:25 | 日々のこと
インドの布で日用品


インドに来て、あちこちで気になって手にしてきた布を、切って縫って、
いくつか、使える形にしてみました。


カディコットンのふきん
b0279847_19234830.jpeg

b0279847_19243141.jpeg
手紡ぎ手織りの白い木綿を、シンプルにふきんに。

中厚手の生地は水気をよく吸いとって、
食器拭きに気に入って使っています。






手織りコットン
毎日洗うバスマット
b0279847_19260449.jpeg

b0279847_19265542.jpeg
南インドのケララ地方で作られた、
手織りコットンのタオルを使って作ったバスマット。
白と生成りの2種類。

大きすぎず、分厚すぎない、
毎日気軽に洗えるバスマットにしてみました。

ざっくり織られた生地は吸水性がよく、
お風呂上がりの素足に、気持ちがよいです。





手織りコットン
ポットマット
b0279847_19280505.jpeg

b0279847_19283580.jpeg
こちらも手つむぎ手織りのカディコットン。
やや厚みのある生地は、
ぽこぽこ味わいのある、やさしい風合い。

身近に置いて、さわって眺めていたいので、
コーヒーポットやお鍋、カップなどをのせてテーブルまわりで使える、
ポットマットにしてみました。





ハンドブロックプリントの巾着
b0279847_19290671.jpeg

b0279847_19293009.jpeg
天然染料のブロックプリントの生地。
落ち着いた色合いの小花柄。
ところどころ、柄がズレたり色がかすれたりしているのも、
手作業ならでは。

バッグの中に、乙女心を少ししのばせたい。






ハンドブロックプリント
サリーのあずま袋
b0279847_19300298.jpeg

b0279847_19302653.jpeg
天然染料のブロックプリントで作られたサリーを、
生地として使ってみました。

サリーが面白いなと思うのは、
身頃本体、ブラウス、肩からかけるタスキ、と、
部分ごとに違うプリントがされていて、
一枚の生地の中にいろいろな模様が入り、つながっているところです。

その模様をそのまま生かして、
大・小のあずま袋に仕立ててみました。
b0279847_19311709.jpeg
小はカゴバックの内袋に、大は衣類の収納などに使えるかなと思います。
パタンと平たく折りたためるので、
旅行先や温泉などに持参するのも便利です。






伝統的な方法で作られたインド特有の生地を、
今の自分たちの生活の中で使えるものにしていくのは、
とてもおもしろい作業。
その魅力を生かし、大いに活用できるとよいなと思います。



*娘はハンドブロックプリントの生地でティッシュケースを作っていました。
なかなか、かわゆい。
b0279847_19324748.jpeg















[PR]
by notes-cohalu | 2018-10-04 19:47 | 作ったもの・布まわりのこと